AI関連のサービスや開発を手掛けている企業を紹介!

経済・金融の知識

AI関連のサービスや開発を手掛けている企業を紹介!

2024/6/22

ChatGPTが登場してから本格的にAIブームが到来しているのを実感している方もいらっしゃるのではないでしょうか? 実際、AI関連企業としてCUDAやTensorRTなどのソフトウェアツールを提供し、開発者が効率的にAIモデルを構築し、最適化するプラットフォームを提供しているNvidiaの株価は急騰し、時価総額でAppleやMicrosoftを抜き世界第一位に躍り出ています。   NVDAの株価推移   当記事では以下の点についてお伝えしていきます。 なぜ生成AIの登場によってAIが盛 ...

ReadMore

メタバースの研究事例

経済・金融の知識

メタバースの最新の研究事例を紹介!

2024/6/20

メタバースはインターネット上の仮想空間です。 ユーザーは3次元の仮想空間の中でアバターを介して他者と交流して商品やサービスの売買などの様々な体験を行うことができます。   2021年にFacebookがMeta Platformsに社名変更したことで一気に注目があつまりました。 まだ、本格的に盛り上がるという前段階ではありますが、メタバース市場は2028年には100兆円市場になると期待されています。 ARやVR技術の飛躍的な発展を見せていることもあり、今後非常に期待される分野となっています。投資 ...

ReadMore

資産5000万円あったら投資はいらないって本当?配当金生活は可能?

まとまった資金の運用

資産5000万円あったら投資はいらないって本当?配当金生活は可能?

2024/6/15

準富裕層の基準となっている資産5000万円。 サラリーマンとして到達するには高い給与の企業で共働きで働き40代でようやく達成する水準かと思います。 精神的にも余裕が出てきた頃ではないでしょうか?   老後の豊かな生活を思い描き始めている方も多いかと思います。そして、5000万円あれば豊かな老後生活という夢もかなり現実的なものとなります。 5000万円あれば老後2000万円問題も余裕でクリアしているし投資して増やす必要はないと考えている方もいらっしゃることと思います。 しかし、折角5000万円とい ...

ReadMore

独身の40歳〜50歳でセミリタイアするのに貯金3000万円では少ない?55歳でアーリーリタイアするにも5000万円必要?男性と女性の場合で検証!

まとまった資金の運用

独身の40歳〜50歳でセミリタイアするのに貯金3000万円では少ない?55歳でアーリーリタイアするにも5000万円必要?男性と女性の場合で検証!

2024/6/20

先日帰省した際、筆者の中学校時代の先輩から以下の話をされました。   質問内容 「もうすぐ40歳になるが独身を貫いたこともあり3000万円近い資産を形成することができた。この資産があれば仕事を辞めてリタイアしても大丈夫だろうか?」   筆者は関西地方の田舎出身です。先輩は田舎の実家に住んでおり、将来住居を譲り受けることが確定していることもあり可能である旨を伝えました。   また、仮に東京に住んでいる場合は独身であっても貯金3000万円ではリタイアするのが難しいかもしれません。 ...

ReadMore

【年利3パーセント】個人投資家の利回りの平均と比べて難易度は低い?低リスクで安定した利回りが狙える金融商品4選を紹介!

経済・金融の知識

【年利3パーセント】個人投資家の利回りの平均と比べて難易度は低い?低リスクで安定した利回りが狙える金融商品4選を紹介!

2024/6/17

労働だけだと資産形成に限界を感じて投資を始めた方も近年増えてきたかと思います。 とはいえ安全性を重視したから年率3%程度のリターンを狙いたいという方が多いかと思います。 安全性に重点をおいた定期預金では全く増えませんし、株式投資などで半分になるのが怖いという心理が働きますからね。   本日は、そもそも年率3%のリターンというのが個人投資家の平均利回りから考えて難しいのか考察した上で、 年利3%が狙える金融商品をいくつかお伝えしていきたいと思います。   関連 年利10パーセントを目指す ...

ReadMore

資産運用で年利5%の難易度は高い?年利計算シミュレーションでその複利インパクトを可視化!

まとまった資金の運用

資産運用で年利5%の難易度は高い?年利計算シミュレーションでその複利インパクトを可視化!

2024/6/17

資産形成していく上で、「運用利回り」は非常に重要になってきますよね。 3%、5%などの運用でも、複利効果で資産は加速度的に伸びていきます。 10%利回りの難易度については以下の記事でも述べましたが、今回は5%の利回りについて難易度を見ていきたいと思います。 → 年利10パーセントを目指すのは難易度が高い!?投資商品として株や投資信託等の選択肢を検証!   「利回り5%」と聞くと地味な印象を持ってしまいますが、そんなことはなく、コンスタントに達成できれば凄まじいリターンへと昇華します。 5%利回り ...

ReadMore

大損する?おすすめしない?話題のソーシャルレンディングとは何かをブログで解説!

経済・金融の知識

大損する?おすすめしない?話題のソーシャルレンディングとは何かをブログで解説!

2024/6/17

話題のソーシャルレンディングですが、若者を中心に流行しているとのことで、今回はどのような種の資産運用になるのかを調べてみました。 特徴としてはその名の通りレンディングですので「貸付」になり、リターンは運用益ではなく利息です。   「貸し付けた相手が信頼できるなら利息は入るだろう」 「そしてそれが安定収入になるだろう」 といった考えから、多くの投資家が興味を持っているように感じます。   何かに似ているなと思ったのですが、楽天やソフトバンクグループの社債でした。 例えば米国債や日本債など ...

ReadMore

老後資金1億円の生活レベルとは?金融資産1億5000万円あれば豊かなリタイア生活も可能?

まとまった資金の運用

老後資金1億円の生活レベルとは?金融資産1億5000万円あれば豊かなリタイア生活も可能?

2024/6/17

近年の株高や不動産価格の上昇などを経て、資産が1億円を超えた人も少なくないでしょう。 筆者自身も30代中盤で2億円に到達し、少しは安心感ある水準に到達したのかななどと考えてしまいます。   しかし、まだまだ東京都心で暮らしつつ、子供二人の学費などを考えると、余裕はありません。 ただ、筆者の価値観でまだまだ足りないという状況ですので、ライフスタイルによっては1〜1.5億円程度でも問題ないのかもしれません。   今回は老後資金について、1〜1.5億円程度あればどのような生活レベルになるのか ...

ReadMore

【2024年】貯金3000万超えたら選択したいおすすめ資産運用法!精神的余裕を持ってセミリタイアするための投資先とは?

まとまった資金の運用

【2024年】貯金3000万超えたら選択したいおすすめ資産運用法!精神的余裕を持ってセミリタイアするための投資先とは?

2024/6/17

アッパーマス層といわれる金融資産3000万円という水準。 近年流行しているFIREブームもあり早期リタイアを考え始めてい人も多い水準かと思います。 実際、驚愕しましたが2000万円未満であってもリタイアするという方が全体の42%を占めています。 リタイア時の資産   ただ、当サイトで何度もお伝えしている通り3000万円でのリタイアは無謀すぎます。現在の金融環境でも無謀であり、今後進行していくインフレを考えるとリタイアをするにはあまりにも少なすぎます。 精神的余裕をもってセミリタイアするためには最 ...

ReadMore

貯金7000万円〜8000万円あるけどセミリタイアは可能?独身ならFIREできる?

まとまった資金の運用

貯金7000万円〜8000万円あるけどセミリタイアは可能?独身ならFIREできる?

2024/6/11

「7000万円...8000万円の貯金」 聞いただけでドキッとしますよね。この金額、一部の人にとっては懸命な労働の成果、または意外な遺産の結果かもしれません。 でも、どんなに到達した経緯があれ、これはただの通過点に過ぎません。   この額を手にしてると、多くの人は「もう老後の心配はないかな」と思ってしまうものです。 しかし、投資に詳しい人なら、ここで満足しないでしょう。特に若い世代には、これがセミリタイアやリタイアに向けたスタートラインになるのです。   筆者自身も、7000万円超えた ...

ReadMore

投資信託

売り時?それとも買いか?評判の悪い「グローバルAIファンド」の下落の理由とは?掲示板での口コミや今後の見通しやリスクを含めて徹底評価!予想分配金提示型とは?

2020年のCOVIDパンデミック以降、世界のハイテク株が急上昇したことで注目を集めました。

日本でも様々なハイテク株に投資する投資信託が組成されました。

当ブログでも有名なものを取り上げてきました。

 

 

今回はハイテク系のテーマの中でも最も注目度が高いAI関連銘柄に投資している「グローバルAIファンド」について取り上げます。

「グローバルAIファンド」コロナショックで株式市場が暴落した2020年3月から2020年末までに基準価格を3倍にした時流に乗った評判の投資信託です。

 

当ブログでは様々な投資信託を分析してきましたが、グローバルAIファンドの2020年の成績は群を抜いておりますね。そして時は2024年。AIブームに熱狂する市場でグローバルAIファンドはどんなパフォーマンスを残しているのでしょうか。

本日はこのファンドに対して主に以下の点をお伝えしていきたいと思います。

 

今回のポイント

  • どのような特徴を持った投資信託なのか?
  • AI産業の将来的な可能性
  • 為替ヘッジありと無しだとどちらがよいのか?
  • 現在2023年時点で投資をするのは投資妙味があるのか?

 

【2024年】一番儲かる投資信託とは?これから上がる今買いの銘柄をランキング形式で紹介!

 

グローバルAIファンドの特徴とは?

それではまずグローバルAIファンドの特徴について見ていきましょう。

目論見書

 

投資対象企業は世界のAI関連企業

名前の通り「グローバルAIファンド」は世界のAI関連企業に投資をする投資信託です。

以下のようなAIの進化や応用によって高い成長が期待される企業の株式に投資を行います。

 

  • ロボティクス
  • フィンテック
  • IoT
  • セキュリティ
  • VR
  • 自動運転

 

各分野の技術革新をけん引するAI

 

 

コラム:拡大するAI関連事業の市場規模

AI関連事業は今後、世界の発展を根底から支えるということもあり市場規模は以下の通り大きく拡大することが予想されています。

 

AI関連事業の市場規模の予測

事業 2025年時点の市場気兆円お
IoT 3.9兆〜11.1兆ドル
モバイルインターネット 3.7兆〜10.8兆ドル
知識労働の自動化 5.2兆〜6.7兆ドル
クラウド技術 1.7兆〜6.2兆ドル
先端ロボット 1.7兆〜4.5兆ドル
合計 16.2兆〜39.3兆ドル

 

また、2020年に比べてAI関連企業の売上高は2027年までに12倍になると想定されています。

AI 関連企業の売上成長予測

 

運用はアリアンツ・グローバル・インベスターズが担当するため手数料が高い

グローバルAIファンドを売り出しているのは三井住友DSアセットマネジメントです。

しかし、実際に運用するのはアリアンツ・グローバル・インベスターズとなっています。

アリアンツは世界最大級の保険会社でグローバルに資産運用業務をおこなっています。

アリアンツ・グローバル・インベスターズとは?

 

関係者が多くなると手数料が高くなるのは世の常です。グローバルAIファンドの手数料は以下の通りとなっています。

  • 購入手数料:3.3%(税込)
  • 信託手数料:年率1.925%(税込)

 

初年度は5%の手数料が発生するということですね。

 

組入上位業種と組入上位10銘柄

以下は2024年4月末時点の組み入れ業種です。

 

業種名 2024年4月末 2023年12月末 2023年10月末 2023年6月末 2023年3月末 2022年11月末
情報技術 56.9% 62.00% 57.60% 52.20% 57.30% 52.10%
一般消費財・サービス 11.0% 11.20% 9.30% 10.80% 12.80% 8.80%
コミュニケーション・サービス 12.3% 9.20% 11.50% 13.80% 15.60% 11.80%
ヘルスケア 6.5% 8.40% 8.40% 9.40% 6.20% 8.60%
⾦融 4.7% 2.00% 5.30% 1.90% 2.30% 0.50%
素材 1.1% 1.60% 1.70% 2.20% - 2.90%
資本財・サービス 1.9% 1.30% 0.30% 5.50% 1.50% 7.20%
不動産 - 0.80% 1.40% - - 0.10%
エネルギー 2.5% - - - - 2.80%

 

相変わらず情報技術セクターが57%と突出していますが若干減っていますね。

ただ、この高い情報セクターの比率は2022年はグローバルAIは大暴落だったということを意味します。

2022年はテクノロジー系のグロース企業が暴落していきましたからね。2023年は多少回復しました。

 

続いてポートフォリオ上位です。上位はNvidia、テスラ、アマゾンと大型テクノロジー株偏重のポートフォリオになっています。

ということはしっかりAIブームに乗っていることがわかります。

グローバルAIファンドの構成上位銘柄

グローバルAIファンドの構成上位銘柄

 

テスラは電気自動車バブルとコロナショック起点の金融緩和の掛け算であっという間に株価は暴騰し世界一の時価総額の自動車会社となりました。

しかし、バブルが弾け、金融引き締めが起こった結果、どんどん株価は暴落しました。

2024年に入っても米国でもEV販売は不調で、レンタカー大手のハーツもテスラ車を全売却したとの報道がありました。

 

[11日 ロイター] - 米レンタカー大手ハーツ・グローバル・ホールディングス(HTZ.O), opens new tabは11日、電気自動車(EV)約2万台を売却し、ガソリン車に回帰すると発表した。EVの衝突や損傷に関する費用が高額になっているためという。

これを受け、米電気自動車(EV)大手テスラ(TSLA.O), opens new tabの株式は3%超下落した。 ハーツは2023年第4・四半期に、EV売却計画を受けた減価償却費として約2億4500万ドルを計上する予定。 モルガン・スタンレーのアナリスト、アダム・ジョナス氏は、ハーツの動きはEV分野全体への警告であり、EVへの期待が「市場全体で下方修正」される可能性があることを示すと述べた。

米ハーツ、テスラ含むEV2万台を売却 ガソリン車に回帰

テスラの株価が大きく下落している

テスラの株価が大きく下落しており、パフォーマンスの足を引っ張っている可能性

 

過去のポートフォリオ上位銘柄の推移は以下です。ロクが1位だった頃があったのですねという感じです。

さすがドットコムバブルの再来です。ほとんどの銘柄が酷いことになっていますね。

こんな感じなので情報通信セクター特化のテーマファンドはリスクがとても高いのです。

2022年11月から2024年4月末までに大幅に銘柄を入れ替えているのが分かりますね。大型テクノロジー株に絞っています。

直近の大きな動きとしてはアルファベットをいきなり構成トップに組み入れていることですね。

 

2024年4月末 2023年12月末 2023年10月末 2023年6月末 2023年3月末 2022年11月末時点 2022年8月末時点 2022年2月末時点 2021年6月末時点
1 アルファベット エヌビディア エヌビディア テスラ エヌビディア オン・セミコンダクター テスラ テスラ ロク
2 テスラ テスラ メタプラットフォーム アマゾン マイクロソフト テスラ オン・セミコンダクター ズームインフォ・テクノロジーズ テスラ
3 メタプラットフォームズ アマゾン アマゾン オン・セミコンダクター テスラ マーベル・テクノロジー スームインフォ オン・セミコンダクター アマゾン
4 エヌビディア ショッピファイ テスラ メタ・プラットフォームズ メタ ブロードコム トレードデスク ブロードコム アップル
5 アマゾン トゥイリオ マイクロソフト アドビシステムズ オンセミコンダクター ディア プラグパワー マーベル・テクノロジー スナップ
6 ショッピファイ オン・セミコンダクター アドビ ディア アマゾン スームインフォ マーベル・テクノロジー アマゾン・ドット・コム GE
7 ファーストソーラー マーベルテクノロジー トゥイリオ トゥイリオ マーベルテクノロジー アルベマール エンフェーズ ディア FB
8 サーモフィッシャー マイクロソフト アルファベット ネットフリックス アリババ マイクロチップテクノロジー メタ(旧FB) シュルンベルジェ ウォルト
9 エラスティック ブロードコム ショッピファイ ショッピファイ エンフェーズ エレバンスヘルス クラウドストライク フリーポート・マクモラン ディズニー
10 トゥイリオ メタプラットフォームズ オン・セミコンダクター エレバンスヘルス ズームインフォ シュルンベルジェ ブロードコム エヌビディア ブロードコム

 

2022年前半に筆頭銘柄だったロクやスナップは今酷いことになっていますね・・・。

スナップは株価が10ドル以下になってしまっています・・・。

バブル崩壊とは恐ろしいものですね。グローバルAIの上位銘柄にはこの二社はもういないものの、暴落時もしばらく保有されていました。基準価額を見れば、よくわかると思います。

 

<ROKU>

ロクの株価は戻ってこなかった

ロクの株価は戻ってこなかった

 

 

<SNAPチャット>

SNAPチャート

SNAPチャート

 

暴落してしまうような投資対象というのは、毎日投資家は緊張感を持って相場を見張っておく必要があるということです。

毎日相場を見るのは非常に大変で、その努力の上にハイリスク・ハイリターンがあるのです。毎日の観察がリスクを下げます。

 

しかし、多くの人がグローバルAIのようなハイリスクな投資先に、投資したらしっぱなしという人で溢れていますよね。

そんな方は、相場の観察がそこまで必要ではない、堅実な投資先で運用した方が複利効果も効いて良いのではないでしょうか?

 

関連記事)【最新版】日本のおすすめヘッジファンドランキング!選び方や個人におすすめしない運用先の特徴も解説!

 

為替ヘッジありを選択するべきか?

グローバルAIファンドは為替ヘッジ有りか為替ヘッジなしを選択することが可能です。

為替ヘッジなしであればドル円レートが上昇するとリターンが増大し、反対に下落するとリターンが悪化します。

2024年5月現在、ドル円は157円となっています。これは日米金利差の拡大に伴ったものです。

しかし、今後は米国の景気後退に伴って米金利が低下することで円高に向かってくるものと思われます。

ドル円は日米金利差に連動

ドル円は日米金利差に連動

 

日本は日銀がずっとゼロ金利政策を敷いていました。

一方、米国は高騰するインフレに対応するために中央銀行であるFRBは金融引き締めを実施しています。

結果的に以下の通り米10年債は上昇してきました。結果的に日米金利差が拡大してドル高円安の主要因となっていました。

米国政策金利の推移

米国政策金利の推移

 

一方、直近でみると金利は下落に転じ始めています。

米国の長期金利は遂に低下しつつある

米国の長期金利は遂に低下しつつある

 

これは金利が上昇することで経済活動が抑制されて景気後退が発生する可能性を織り込んできているためです。

そして、既に日銀もYCC見直しの発表を行いました。今後は世界で唯一となるマイナス金利の撤廃なども期待する向きが多くなってきています。

[東京 12月8日 ロイター] - 日銀が累次の政策柔軟化に踏み切ったことで、次の焦点はマイナス金利の解除時期に移っている。足元では日本経済を支える内需に弱さが目立ち、一時はプラスに浮上したGDP(国内総生産)ギャップが再びマイナスに沈んだ。デフレに後戻りしかねない危うい状況下でも、正常化に向けた歩みを進められるかは今後、正念場を迎える。

参照:ロイター

ここからは金利差縮小による円高の方がオッズが良いと考えています。つまり為替ヘッジはつけたほうがよいと筆者は考えています。

 

グローバルAIファンドの運用成績を紐解く

それでは肝心なグローバルAIファンドの成績について見ていきたいと思います。以下はヘッジ無しの成績でみていきます。

グローバルAIファンドは2017年の運用開始後から堅調に推移していきました。

 

しかし、コロナショック後から明らかに角度を変えて急騰しました。金融緩和時はストーリー株に投資するファンドが強いです。

ROKU、SNAPなどは代表例ですね。

 

そして金融引き締めが囁かれ出した2021年末からグローバルAIファンドも失速です。

2024年5月現在、同ファンドはもっと深く掘っていくものと筆者は考えています。

ちなみに以下は為替ヘッジなしのファンドなので、円安効果でだいぶ暴落が和らいでいることがわかります。本来はもっと暴落しています。

 

グローバルAIファンドの基準価額の推移

グローバルAIファンドの基準価額の推移

 

本来の銘柄ピッキングの実力を確認するのであれば、為替ヘッジありを見る必要があります。以下は為替ヘッジありの基準価額の推移です。

 

グローバルAIファンド(為替ヘッジあり)の基準価額の推移

グローバルAIファンド(為替ヘッジあり)の基準価額の推移

 

 

かつてはグローバルAIファンドはコロナを機にテクノロジー銘柄のサービスに対する需要が高まり利益が続伸し株価もうなぎのぼりに上げていきました。

以下は米国の代表的な指数であるS&P500指数との比較ですが、2020年のコロナショック後から青色のグローバルAIファンドが圧倒していました。

しかし、2022年以降は大幅に劣後していますね。

青:グローバルAIファンド
赤:S&P500指数(円建)

グローバルAIファンドとS&P500指数の長期比較

グローバルAIファンドとS&P500指数の長期比較

 

更に同じようにハイテク銘柄中心に構成されているナスダック100(円建)にも劣後したリターンとなっています。

青:グローバルAIファンド
赤:S&P500(円建)
緑:ナスダック100(円建)

2022年以降のグローバルAIファンドとS&P500指数とナスダック総合指数の推移

2022年以降のグローバルAIファンドとS&P500指数とナスダック総合指数の推移

 

 

歴史でも類を見ない金融相場であった2020年を加えてもインデックス投資に負け続けているアクティブファンドです。

今後はハイバリュエーション銘柄を多数抱えるグローバルAIファンドのようなアクティブファンドは地獄を見ると思います。

金融政策に左右されない、堅実な運用先を投資家は模索すべきでしょう。

 

 

グローバルAIファンドの直近の下落の理由とは?今後の見通しは?

では、直近の下落理由と今後の見通しについてみていきたいと思います。

基準価額の下落の原因は金利の上昇

グローバルAIファンドの下落の理由は、ナスダック総合指数の下落の理由と同じです。

ナスダックやグローバルAIファンドが組み入れている銘柄はグロース企業です。

グロース企業は将来利益が成長していく銘柄です。そしてグロース企業は金利の上昇によって株価が下落します。

 

理由は企業の利益というのは将来生み出されるキャッシュフローを現在価値に割り引いて算出します。

グロース企業の将来の利益を割り引いて足し合わせることで算出されます。そして金利が上昇することで割引率がおおきくなり現在価値が小さくなります。

利益が成長しない企業においては影響は少ないですが、将来の利益が大きい企業においては割引率が高くなると企業価値が大きく減少しています。

ディスカウントキャッシュフロー法

 

先ほど為替ヘッジの欄でお伝えした通り、米国の長期金利はインフレを抑え込むためのFRBの金融引き締めによって急騰していきました。

結果的にグロース株の価値が急激に縮小して株価の下落を招いていきました。

米国政策金利の推移

 

しかし、まだまだ米国のインフレは2024年2月現在高止まりして粘着し続けています。

原油などは落ち着きましたが、サービスインフレや雇用がまだまだ強いなど、課題は山積みです。とてもグローバルAIファンドがくみいれているようなグロースファンドを購入できる状況ではありません。

 

今後はEPSの下落で株価は軟調に推移することが予想される

今までは金利の上昇によって株価が下落していきました。しかし、これから急激に金利を上昇してきたことにより米国経済は地盤沈下しかかっています。

金利が上昇することで企業が借り入れに億劫になり、事業を拡大することができなくなります。更にインフレによって個人の購買力も減少しています。

 

今後は企業収益が下落することによりEPSの下落を伴って株価が下落していく可能性が高くなってきています。

実際、景気後退の確率は急激に上昇しています。実際に以下のTreasury spreadが低下を初めてから過去にはリセッションに陥っており目前に迫っています。

 

 

景気後退の確率は上昇

 

しばらくは米国株からは離れたほうが賢明だと筆者は考えています。実際に上記までの実績にはテスラ株の大暴落と円高が反映されていません。

以下はどのような環境でも利益を狙うことができるファンドについてまとめています。ご覧いただければと思います。

 

【最新版】日本のおすすめヘッジファンドランキング!選び方や個人におすすめしない運用先の特徴も解説!

 

掲示板やネット上のグローバルAIファンドの口コミ

グローバルAIファンドの口コミをみてきましょう。過去の栄光もあるのでポジティブな意見もあります。

米国のAI株ファンドの基準価格が、5年で4倍になりました 「グローバルAIファンド」という商品です。 私は早い時期からAI株ファンドへ集中投資したので、かなりの利益が出ています。 AI株が伸びることは、誰にでも予測できたことですよね? あとは人より少しでも早く動き、先行投資することが大事

-@sekihara_d

 

これは2021年9月2日時点のイケイケの時の感想ですね。

直近は元本から配当金を出す特別分配金となっていることを指摘されています。

うーん、グローバルAIファンドは特別分配金になってもうたから一旦バイバイ

-@ponponpandachan

 

以下はYahoo!ファイナンスの口コミです。

テスラほんとすごいな
組入比率下げてくれねえかな

 

テスラの暴落を見て悲痛の声が聞こえます。

 

僕もホルダーです、来年も下がりそうですが5年はもっときます。売ってしまうと買い戻せないので。

 

なぜ下がりそうなのに持つのでしょうか。テーマファンドの長期投資は非常に危険です。2021年末までは、30年来の米国金融政策(低金利政策)を背景に情報通信セクターの銘柄は上昇を続けました。長期にわたるバブルだったのです。

しかし、今後は同様の30年になるかというと、すでにGAFAMをはじめとした大型テック企業の成長が止まってしまったため、米国株式市場の強靭な足腰となる成長ドライバーがなくなってしまいました。次なる成長はどこかというと、米国株ではないと筆者は考えています。

つまり、5年待ったところで、グローバルAIファンドが大きく上昇するかというと、そんな期待は持たない方が良いと思います。期待で長期保有するのは、初心者に多いですが早く抜け出さなければならない悪癖です。

 

当初は期待させるだけさせといて…大損しています。大幅マイナスとなっていますが、焦って売ってしまうとマイナス確定。置いといて値上がりを期待するか迷いどころです。

酷いファンドだな

今日は1000円以上のマイナスか ため息ばっかり

奈落の底に落ちそう。

1年間で35%の下落、来年前半には…?

テスラの下落がすごすぎてダメダメですな

いったいどこまで下がるんでしょうか、売るに売れない

今日もテスラが、足を引っ張るのかな!いい加減、組み入れから外してくれんかな!

トータルリターンは1年で-30%。AIに対する認識や期待が大きく後退しているのか。これだけ下げが続くと残念ながら撤退せざるをえない。

 

悲観の声が多いですね。しかし、テーマファンドは景気サイクルを理解してタイミングよく投資していかなければならない高度な投資なのです。

 

特定のテーマに投資する投信のリスクを認識しよう

当ブログでは特定のテーマに関する投信を冒頭にもお伝えしたとおり複数取り上げてきました。

しかし、共通していえるのはブームに乗っている時は大きなリターンを得られるものの、ブームが過ぎ去ると大暴落するという傾向があるということです。

 

ブームというのは崩壊します。日本のバブルも崩壊しましたよね。テーマがブームにのると株価が過剰に反応して実態を大きく超えて上昇していきます。

しかし、いつか開いた乖離は是正される方向に動きます。

つまり、ブームが終わったら暴落してしまうのです。

 

残念ながらテーマ型投信は長期的な資産形成に向いている投資信託ではありません。

長期的な資産形成を行うのであれば、どの環境でも安定したリターンを狙える戦略で運用がなされている必要があります。

以下では筆者が投資しているファンドを含めて安定的に資産形成を行うのにてきしたファンドについてお伝えしていますのでご覧いただければと思います。

 

【2024年】一番儲かる投資信託とは?これから上がる今買いの銘柄をランキング形式で紹介!

 

まとめ

グローバルAIファンドについて纏めると以下となります。

  • AI関連企業に投資
  • 運用はアリアンツグループが担当
  • 手数料は非常に高い
  • 米国テクノロジー企業が9割AI企業の
  • 売上は年率50%近い上昇が見込まれている
  • コロナショックで業績と株価が躍進した
  • しかし現在はバリュエーションが高い
  • 米長期金利の上昇が警戒水準
  • 今投資するのは非常に勇気がいるタイミング

 

もっと良い投資先はいくらでもあるので、考え直しましょう。

結び

堅実な資産運用

 

 

長期的に資産を形成し老後の安定資産を築くために必要なことは、ただ一つです。

それは、どのような市場環境であっても資産を守り「堅実なリターンを複利で積み上げる」ことです。しかし、多くの人は派手なリターンを謳う運用先に虜になり、資産を増やすどころか失ってしまうのです。

残念ながら、この状況は変わりません。歴史は繰り返すのです。いつの時代も「無知はコスト」です。

 

憂鬱

 

資産運用の極意は「プラスのリターンを複利で積み重ねること」であり富裕層に到達するにはこの方法しかありません。

上記を実現するための投資先(ファンド)を選ぶポイントは、非常にシンプルです。以下は大枠ですが、これを外さなければ大きく失敗することもありません。

  1. 相場環境に左右されない明確で確固たる投資理論・哲学を有する
  2. 過去に成果を出し続けているファンドマネージャーによる運用

 

世の中にはあまりにも間違った情報が溢れていると日々感じていました。
そして今回、筆者の証券アナリストとしての知見や、マーケットに関する仕事に従事した経験を基に様々なファンドを分析してきました。

その結果(堅実運用の思考とおすすめと言える投資先)をまとめました。ぜひ参考にしてくださいませ。

 

 

-投資信託

© 2024 GLOBAL MACRO Powered by AFFINGER5