AI関連のサービスや開発を手掛けている企業を紹介!

経済・金融の知識

AI関連のサービスや開発を手掛けている企業を紹介!

2024/6/22

ChatGPTが登場してから本格的にAIブームが到来しているのを実感している方もいらっしゃるのではないでしょうか? 実際、AI関連企業としてCUDAやTensorRTなどのソフトウェアツールを提供し、開発者が効率的にAIモデルを構築し、最適化するプラットフォームを提供しているNvidiaの株価は急騰し、時価総額でAppleやMicrosoftを抜き世界第一位に躍り出ています。   NVDAの株価推移   当記事では以下の点についてお伝えしていきます。 なぜ生成AIの登場によってAIが盛 ...

ReadMore

メタバースの研究事例

経済・金融の知識

メタバースの最新の研究事例を紹介!

2024/6/20

メタバースはインターネット上の仮想空間です。 ユーザーは3次元の仮想空間の中でアバターを介して他者と交流して商品やサービスの売買などの様々な体験を行うことができます。   2021年にFacebookがMeta Platformsに社名変更したことで一気に注目があつまりました。 まだ、本格的に盛り上がるという前段階ではありますが、メタバース市場は2028年には100兆円市場になると期待されています。 ARやVR技術の飛躍的な発展を見せていることもあり、今後非常に期待される分野となっています。投資 ...

ReadMore

資産5000万円あったら投資はいらないって本当?配当金生活は可能?

まとまった資金の運用

資産5000万円あったら投資はいらないって本当?配当金生活は可能?

2024/6/15

準富裕層の基準となっている資産5000万円。 サラリーマンとして到達するには高い給与の企業で共働きで働き40代でようやく達成する水準かと思います。 精神的にも余裕が出てきた頃ではないでしょうか?   老後の豊かな生活を思い描き始めている方も多いかと思います。そして、5000万円あれば豊かな老後生活という夢もかなり現実的なものとなります。 5000万円あれば老後2000万円問題も余裕でクリアしているし投資して増やす必要はないと考えている方もいらっしゃることと思います。 しかし、折角5000万円とい ...

ReadMore

独身の40歳〜50歳でセミリタイアするのに貯金3000万円では少ない?55歳でアーリーリタイアするにも5000万円必要?男性と女性の場合で検証!

まとまった資金の運用

独身の40歳〜50歳でセミリタイアするのに貯金3000万円では少ない?55歳でアーリーリタイアするにも5000万円必要?男性と女性の場合で検証!

2024/6/20

先日帰省した際、筆者の中学校時代の先輩から以下の話をされました。   質問内容 「もうすぐ40歳になるが独身を貫いたこともあり3000万円近い資産を形成することができた。この資産があれば仕事を辞めてリタイアしても大丈夫だろうか?」   筆者は関西地方の田舎出身です。先輩は田舎の実家に住んでおり、将来住居を譲り受けることが確定していることもあり可能である旨を伝えました。   また、仮に東京に住んでいる場合は独身であっても貯金3000万円ではリタイアするのが難しいかもしれません。 ...

ReadMore

【年利3パーセント】個人投資家の利回りの平均と比べて難易度は低い?低リスクで安定した利回りが狙える金融商品4選を紹介!

経済・金融の知識

【年利3パーセント】個人投資家の利回りの平均と比べて難易度は低い?低リスクで安定した利回りが狙える金融商品4選を紹介!

2024/6/17

労働だけだと資産形成に限界を感じて投資を始めた方も近年増えてきたかと思います。 とはいえ安全性を重視したから年率3%程度のリターンを狙いたいという方が多いかと思います。 安全性に重点をおいた定期預金では全く増えませんし、株式投資などで半分になるのが怖いという心理が働きますからね。   本日は、そもそも年率3%のリターンというのが個人投資家の平均利回りから考えて難しいのか考察した上で、 年利3%が狙える金融商品をいくつかお伝えしていきたいと思います。   関連 年利10パーセントを目指す ...

ReadMore

資産運用で年利5%の難易度は高い?年利計算シミュレーションでその複利インパクトを可視化!

まとまった資金の運用

資産運用で年利5%の難易度は高い?年利計算シミュレーションでその複利インパクトを可視化!

2024/6/17

資産形成していく上で、「運用利回り」は非常に重要になってきますよね。 3%、5%などの運用でも、複利効果で資産は加速度的に伸びていきます。 10%利回りの難易度については以下の記事でも述べましたが、今回は5%の利回りについて難易度を見ていきたいと思います。 → 年利10パーセントを目指すのは難易度が高い!?投資商品として株や投資信託等の選択肢を検証!   「利回り5%」と聞くと地味な印象を持ってしまいますが、そんなことはなく、コンスタントに達成できれば凄まじいリターンへと昇華します。 5%利回り ...

ReadMore

大損する?おすすめしない?話題のソーシャルレンディングとは何かをブログで解説!

経済・金融の知識

大損する?おすすめしない?話題のソーシャルレンディングとは何かをブログで解説!

2024/6/17

話題のソーシャルレンディングですが、若者を中心に流行しているとのことで、今回はどのような種の資産運用になるのかを調べてみました。 特徴としてはその名の通りレンディングですので「貸付」になり、リターンは運用益ではなく利息です。   「貸し付けた相手が信頼できるなら利息は入るだろう」 「そしてそれが安定収入になるだろう」 といった考えから、多くの投資家が興味を持っているように感じます。   何かに似ているなと思ったのですが、楽天やソフトバンクグループの社債でした。 例えば米国債や日本債など ...

ReadMore

老後資金1億円の生活レベルとは?金融資産1億5000万円あれば豊かなリタイア生活も可能?

まとまった資金の運用

老後資金1億円の生活レベルとは?金融資産1億5000万円あれば豊かなリタイア生活も可能?

2024/6/17

近年の株高や不動産価格の上昇などを経て、資産が1億円を超えた人も少なくないでしょう。 筆者自身も30代中盤で2億円に到達し、少しは安心感ある水準に到達したのかななどと考えてしまいます。   しかし、まだまだ東京都心で暮らしつつ、子供二人の学費などを考えると、余裕はありません。 ただ、筆者の価値観でまだまだ足りないという状況ですので、ライフスタイルによっては1〜1.5億円程度でも問題ないのかもしれません。   今回は老後資金について、1〜1.5億円程度あればどのような生活レベルになるのか ...

ReadMore

【2024年】貯金3000万超えたら選択したいおすすめ資産運用法!精神的余裕を持ってセミリタイアするための投資先とは?

まとまった資金の運用

【2024年】貯金3000万超えたら選択したいおすすめ資産運用法!精神的余裕を持ってセミリタイアするための投資先とは?

2024/6/17

アッパーマス層といわれる金融資産3000万円という水準。 近年流行しているFIREブームもあり早期リタイアを考え始めてい人も多い水準かと思います。 実際、驚愕しましたが2000万円未満であってもリタイアするという方が全体の42%を占めています。 リタイア時の資産   ただ、当サイトで何度もお伝えしている通り3000万円でのリタイアは無謀すぎます。現在の金融環境でも無謀であり、今後進行していくインフレを考えるとリタイアをするにはあまりにも少なすぎます。 精神的余裕をもってセミリタイアするためには最 ...

ReadMore

貯金7000万円〜8000万円あるけどセミリタイアは可能?独身ならFIREできる?

まとまった資金の運用

貯金7000万円〜8000万円あるけどセミリタイアは可能?独身ならFIREできる?

2024/6/11

「7000万円...8000万円の貯金」 聞いただけでドキッとしますよね。この金額、一部の人にとっては懸命な労働の成果、または意外な遺産の結果かもしれません。 でも、どんなに到達した経緯があれ、これはただの通過点に過ぎません。   この額を手にしてると、多くの人は「もう老後の心配はないかな」と思ってしまうものです。 しかし、投資に詳しい人なら、ここで満足しないでしょう。特に若い世代には、これがセミリタイアやリタイアに向けたスタートラインになるのです。   筆者自身も、7000万円超えた ...

ReadMore

経済・金融の知識

デメリットも多い!?なぜ企業がIPOを目指すのか?上場以外の選択肢を含めて解説!

我々投資家としては株式投資をする際に対象となるのは上場企業となるかと思います。

ただ、そもそもの話ではありますが、上場企業は日本の企業全体のわずか0.1%しか存在していません。

上場企業は全体のわずか0.1%しか存在しない

 

つまり、多くの方が投資できる企業はごく一部ということですね。

では、そもそもなぜ企業は上場をするという選択肢を取るのか?反対に上場しない場合は何故なのか?

という点について気になっている方もいらっしゃるかと思います。

 

本日はそのような方に向けて、上場するメリットやデメリットと上場以外にどのような選択肢があるのかをお伝えしていきたいと思います。

 

上場(IPO)するメリットとは?

まず、上場するメリットについてお伝えします。

広く資金調達が可能になる

まず新規上表の最大の目的は幅広い投資家から資金調達をうけることになります。

上場するまでは経営者の出資やベンチャーキャピタルなどの出資、銀行からの借入などを活用して資金調達を行う必要があります。

しかし、上場をすると新規株式を発行することで幅広く一般の投資家から資金調達を行うことができます。

 

広く投資家から募集

 

新規上場のことをIPOと呼びますが、これは「Initial Public Offering」の頭文字です。

つまり、最初の公募を行うということですね。

クローズドに資金調達を行っていた時とは比べものにならない規模で資金調達をうけることができるようになります。

そして、返済を迫られる銀行借入などの負債の部ではなく、資本の部として資金調達を行えるのも大きなメリットですね。

 

公募は資本の部の増強ができる

 

資本を膨らませることで健全な財務状況となるため、更に信用力が増加することになります。

資金調達の方法については投資家からだけではなく、様々な方法があります。その点については以下の記事が参考になるのでご覧ください。

1000万円の事業資金が欲しい!どの方法で資金調達すべきなの?

 

企業としての信用が増加する

上場するには様々な審査を通過する必要があります。

そのため、上場をするのは非常にハードルが高くなっているのです。これが企業全体の0.1%しか上場できていない大きな理由ですね。(それ以外にも理由はありますが後述します。)

 

つまり、上場できているということ自体が企業の信用を急騰させます。結果として以下の効果も得ることができます。

  • 借入での資金調達可能額も上昇する
  • 知名度が上昇して製品やサービスが売れやすくなる
  • 高いレベルの人材を確保しやすくなる

上場によって、ダイレクトに売上上昇効果も期待することができるのです。

 

新規上場で経営者やベンチャーキャピタルは大きなリターンを得る

新規上場となると企業価値が跳ね上がり、未上場時点で株を保有していた経営者やベンチャーキャピタルの保有株式の価値が急上昇して巨額の利益をもたらします。

経営者でもベンチャーキャピタルでもないリクルートの持ち株を行っていた従業員が、リクルートの上場で億り人が続出したことからも新規上場のインパクトを知ることができます。

 

リクルートの新規上場で億り人が続出

週間ダイヤモンド

 

IPOは上場前に株を保有している方にとっては、大変魅力的なイベントでもあるのです。

 

上場(IPO)するデメリットとは?

では今度は上場するデメリットについてお伝えします。

証券取引所に支払う手数料が高い

上場を申請するにあたり、上場審査料が必要になります。

 

市場 金額
プライム市場 400万円
スタンダード市場 300万円
グロース市場 200万円

 

そして、いざ上場になると今度は新規上場料が必要になってきます。

更に公募または売り出しをする代金も発生してきます。プライム市場とスタンダード市場の場合は1000万円から2000万円が必要になってきます。

 

料金 市場区分 金額
新規上場料 プライム市場 1500万円
スタンダード市場 800万円
グロース市場 100万円
公募 全市場区分 公募株式数×公募価格×万分の9
売出し 売出株式数×売出価格×万分の1

参照:日本取引所グループ

 

更に上場をしたあとも毎年料金が発生してきます。

 

上場時価総額 プライム市場 スタンダード市場 グロース市場
50億円以下 96万円 72万円 48万円
50億〜250億円以下 168万円 144万円 120万円
250億円〜500億円以下 240万円 216万円 192万円
500億円〜2500億円以下 312万円 288万円 264万円
2500億円〜5000億円以下 384万円 360万円 336万円
5000億円を超えるもの 456万円 432万円 408万円

 

各種専門家に支払う手数料が高い

また上場をするとなった時に自力で行うのは正直厳しいです。というかほぼ不可能です。

上場には直近2期の監査証明が必要なので監査法人に依頼しなければいけません。これだけでも数千万円がかかります。

 

更に主幹事となってくれる証券会社に対しても1000万円以上の報酬が必要になります。

その他にも内部統制関連を整備するためにJ-SOXコンサルティングに1000万円ほど、IPO全般の補助をしてくれるIPOコンサルティングにも1000万円規模で報酬が必要になります。当然、企業の規模にもよりますが上場するために合計で5000万円以上の費用が必要になってきます。

そして、これらの費用を払ったとしても必ず上場が実現するとも限りません。多大なコストと時間を要して、水の泡になってしまうことも覚悟しないといけません。

また、上場後も毎年会計監査を受けて監査証明を受けなければいけません。ここにも毎年数千万円の費用が発生します。

 

上場を維持する体制を整える為の多大な費用が発生

これはあくまで専門家に対する費用です。

更に社内にも会計監査をこなすのに必要な経理部を拡充し、内部統制を行う部署を創設したりしないといけません。

ここでも人件費を考えると少なくとも毎年1億円以上の負担がかかることになってきます。

上場を行い、上場を維持するというのはコスト的にも大変重いものになってくるのです。簡単に上場するという決断を下せないのも納得できますね。

 

上場ゴールになってしまうケースもある

先ほどお伝えしたように経営者としては上場と同時に大きな利益を得てしまうので「ある種の達成感」で満ち足りてしまうケースがあります。

本来、上場して資金調達を行い会社を成長させていくために上場をします。

しかし、上場そのものが目的となってしまうケースがあるのです。手段が目的になるというパターンです

 

 

最近の事例だと2014年に上場を行った株式会社gumiが代表的な事例として挙げられています。

上場してわずか3ヶ月で立て続けにネガティブなニュースが飛び込んできました。

 

2014年12月18日 東証1部へ上場
2015年3月5日 上場気の経常利益予想12億円から6億円の赤字予想へ大幅下方修正
2015年3月19日 海外子会社で横領事件発生
2015年3月27日 希望退職者募集

 

結果的に株価は以下の通り上場を高値に大きく下落して地を這っています。

 

株式会社gumiの株価推移

株式会社gumiの株価推移

 

上場のために無理をした結果、上場後は投資家を裏切り続ける結果になる企業も数多く存在しています。

しっかりと堅実に利益を積み上げていける事業を運営しているかを見極める目が投資家には求められます。

 

上場以外の選択肢とは?

今まで見てきた通り、新規上場は非常に大変ですし、上場後にも上場を維持していくのに多大なコストがかかります。

また、資金を公募しているので敵対的買収の対象になる可能性もあります。

最初に申し上げた通り、あくまで上場している会社は全企業の僅か0.1%未満です。

 

上場以外に経営者が大きな利益を得る方法として会社を売却するという手段が挙げられます。

近年、少子高齢化に伴う後継者不足により大廃業時代を迎えていることもあり注目されている選択肢です。

新興企業だけでなく、成熟企業でも会社を売却することでExitするケースも増えてきています。

 

以下は中小企業庁のデータですが大企業だけでなく中小企業でもM&Aは積極化しています。

 

M&Aの成約数は増加している

中小企業庁

 

成長企業や成熟企業で会社売却を考えている方はM&A仲介業者に相談をおこなってみましょう。

 

 

まとめ

今回のポイントをまとめると以下となります。

 

IPOのメリット:

✔︎幅広く資金調達が可能
✔︎信用が増大して売上増加や人材確保が容易に
✔︎経営者は多大な利益を確保

IPOのデメリット:

✔︎上場にあたり多大な時間と費用がかかる
✔︎上場維持にも莫大な費用がかかる
✔︎上場ゴールとなる可能性がある

上場に固執せずに会社売却を検討する企業も増加している

 

結び

堅実な資産運用

 

 

長期的に資産を形成し老後の安定資産を築くために必要なことは、ただ一つです。

それは、どのような市場環境であっても資産を守り「堅実なリターンを複利で積み上げる」ことです。しかし、多くの人は派手なリターンを謳う運用先に虜になり、資産を増やすどころか失ってしまうのです。

残念ながら、この状況は変わりません。歴史は繰り返すのです。いつの時代も「無知はコスト」です。

 

憂鬱

 

資産運用の極意は「プラスのリターンを複利で積み重ねること」であり富裕層に到達するにはこの方法しかありません。

上記を実現するための投資先(ファンド)を選ぶポイントは、非常にシンプルです。以下は大枠ですが、これを外さなければ大きく失敗することもありません。

  1. 相場環境に左右されない明確で確固たる投資理論・哲学を有する
  2. 過去に成果を出し続けているファンドマネージャーによる運用

 

世の中にはあまりにも間違った情報が溢れていると日々感じていました。
そして今回、筆者の証券アナリストとしての知見や、マーケットに関する仕事に従事した経験を基に様々なファンドを分析してきました。

その結果(堅実運用の思考とおすすめと言える投資先)をまとめました。ぜひ参考にしてくださいませ。

 

 

-経済・金融の知識

© 2024 GLOBAL MACRO Powered by AFFINGER5